7月のランキング

こんにちは、インストラクターのゆうこです。

すっかり夏な気温になり、熱中症や夏バテに気を付けたいところですね。
それでは7月のランキングを見ていきましょう!

今回はどの種目でも小中学生の健闘が見られました!

驚くべきは「さいげん」の2000点越えが4名もいる点でしょうか、

ベスト3に入るのも中々難しくなってきましたね;;

ベストスコアは以下になります。

1000点前後の方は1年以上継続している方が多く、

しっかり身に付いてきているのかなと思うと嬉しいですね! 😆

かけ算混合は始めたばかりのまささんが大健闘!小学生のたいおうくんも良い成績でランクインです☆

 

【ひとこと】

先月より始まった速読甲子園、皆さんの奮闘お疲れさまでした。

どうやら点数的には1000点超えていると上位のようです。

かけ算(の暗算)が苦手過ぎる私には大変活躍できない種目でした… 😥

(活躍してもインストラクターは特に何もないですけどね;)

そして今月の種目は【同系選択EASY】です。

これは完全に速さとの勝負です!特に回答の選択の時に迷わないようにしたいですね!

 

では、今月も暑さに負けず頑張っていきましょう!

最近熱いもの

センター長です。6月になりました。

 

ありがたいことに、ろくに宣伝できてないのに、最近お子さんの速読体験トレーニングのお話しを多くいただいています。

しかも、結構離れたところからだったり、結構優秀な学校(私立のH中、R中、私立じゃないけどF中とか…)だったり…。

小学生はやはり北区・東区の比較的近いところですが、それでも歩いてくるのは大変で送り迎えが必要なエリア(新川とか新琴似とか)から。

感謝です。

 

先日、某進学塾主催の中学生向け模擬試験の保護者説明会に参加してきました。

市内の各中学校の成績上位者が受験するような試験で、受験者の居住エリアの内訳が紹介されていましたが、中央区を抑えて北区が1番、東区も中央区に次ぐ3番でした。中央区の人口が少ないのもあるとは思いますが、北区・東区で教育に力をいれてらっしゃるご家庭が増えてきているのかなぁというのを感じます。

市立札幌開成中等教育学校が東区にあるのも影響しているのかもしれません。

 

以前は、正直あまり教育熱心とは言えない小学校・中学校が、北区・東区に多かった気がします(私の勝手なイメージで)。なので、北区で生まれ育った私としては、ちょっとばかしわくわくしてます(笑)。ご近所の「北高頑張れ!南高に負けんな!」みたいな…💦

 

ちょっとでも役に立てたらいいなぁと思いつつ、今月も頑張ります!

 

↓昔アップした北高祭の行灯行列

札幌北高の行灯行列 札幌北高学校祭の行灯行列2 札幌北高学校祭行灯行列3

4月のランキング発表です!

 

こんにちは、インストラクターのゆうこです。

GWも終わり、まったりとした脳をシャッキリと切り替えていきましょう!

 

それでは4月のランキングです。

先々月、うっかりランキングし忘れおりましたが、先月はちゃんとこなしました! :mrgreen:

なんとか【かけざん混合】以外の種目は名前を残せました…最近は若い勢力が伸びてきていて冷や冷やモノです。

そして、ベストスコアはこんな感じでした。

このベストスコアを始めた当初は1000点超える方も少なかったですし、

1200点などはあまり居なかった記憶がありますが、

今はもう1200点台がポコポコ出てきて、全体的に伸びてきているのかなと思うとうれしいですね!

 

5/15から6/15でいよいよ速解力検定が始まります。

前回は当教室初めての段所有者も出ましたし、もっと増えると良いな!と思いつつ、

今回が初めての人も、ランクアップを目指す人も、日々のトレーニングをいつも以上に張り切っていきましょう!

 

読んでみたい本

AI vs 教科書が読めない子どもたち

「AI vs 教科書が読めない子どもたち」
 

 

 
「AIに読解力はない」んだそうです。
 
4月1日放送の「林先生の初耳学」で紹介されていました。
 
10~20年の間に、今ある約47%の職業がAI(人工知能)に取って代わられるというのは、よく耳にする話ですが、じゃあ、それをどうする?って考えないといけない。
 
 
生き抜くために人間がしなければいけないこと、それが「読解力をしっかりと身につけること」だというんです。
 
 
AIは人間の言葉を理解しているように思えますが、実はそうではなくて、膨大なデータを蓄積し、それを用いた素早い計算から、可能性の高い選択肢を実行する。それがAIという名の「計算機」がしていることなのだと。
 
 
 
言語で表現される「論理」を、正しく速く読み解けるようにすること。
 
 
札幌速読教育センターの1つのミッションです。
 
「教科書が読めない子どもたち:AIに仕事を取られる前にすべきこと」
https://www.nippon.com/ja/features/c04703/

『速読』を体験してみて

初めまして、倫子です。

2月から皆さんと一緒に『速読』プログラムを始めました。

 

 

 

『速読』には以前から憧れがあり、

過去には図書館で『速読』に関する本を借りたこともありました。

残念ながらその時は習得することはできなかったのですが・・・。

いつか『速読』ができるようになれたらいいなとは、漠然と思っていました。

 

 

今回『速読』プログラムを始めるにあたり1月末に一度体験をさせてもらったのですが、

初めは問題の意味もよく理解できず、結果は散々たるものでした。

 

 

 

『速読』を始めて2ヶ月。

最近は少し要領をつかみ始め、

少しずつではありますがスコアものび始めました。

脳力トレーニングにおいては、

すでに苦手な分野があることにも気づかされました。

 

 

自分の中で手ごたえはなかったのですが、

短時間の中でもスコアがのびたこと、

決まったプログラムで自分にも続けられそうだと思ったこと、

これなら『速読』を習得できるかもしれないと今は期待を持ちながら取り組んでいます。

 

私の目標は、大好きな本が早く、たくさん読めるようになることです。

最近はなかなか読書タイムをとれていないのですが、

『速読』をマスターしたら1日1冊読むのも夢ではないなと。

ランキング上位の方々をお手本にこれからも頑張っていきたいと思います。

 

速読能力チェック

 

 

 

 

 

 

 

インストラクター研修を受けました

 

皆さん、こんにちは。
インストラクターの憶良です!

先日、日本速脳速読協会主催のインストラクターの研修を受けました!
研修は、パソコンを使った遠隔授業で行われ、
全国の他の教室のインストラクターさんたちと一緒に受講しました。

講義では、速読の効果や トレーニングのやり方などいろいろなことを学ぶことができました。
普段、何気なくやっているトレーニングもその効果を高めるために
よく考えられているということを知りました。

研修の最後に、インストラクター資格認定のための試験があったのですが、
その結果は・・・

 

 

…みごと合格!

満点合格を目指していたんですが、一問まちがえてしまいました笑
それでも、合格することができてうれしかったです!

ということで、みなさんすぐに結果が出なくてもあきらめずに頑張りましょう!
これからは、今回学んだことを活かして
速読もインストラクターのお仕事も頑張っていきたいです!

 

速読の継続とその効果について

 

こんにちは、インストラクターの「ゆうこ」です。

今日はちょっぴり真面目な話をしたいと思います。 😎 

この以下のグラフをみて下さい。

速読成績表その1

画像をクリック!

↑こちらは約一年受講された方の成績表になります。

見ての通り、右肩上がりになっているかと思います。

 

速読成績表その2

画像をクリック!

↑こちらは約三年受講された方です。

ムラはあれど、右に行くにつれてピンクの○が高い位置になっているのが分かります。

 

個人差はもちろんありますよ。でも、速読は基本的に、一日~一週間程度の短期間で身に付くものではなく、

長期的に訓練することによって、徐々に定着していくトレーニングなんです。

一年以上トレーニングしている方からは「本を読むのが早くなった」はもちろん、

「物事を頭の中で整理するのが上手くなった気がする」や「記憶力が上がった気がする」などの声もチラホラ… 😳 

 

『急いては事を仕損ずる』とも言いますし、早くなる手段を早く覚えようと思って

焦ってしまっては駄目なんだな~と思う今日この頃です。

 

11月の自己ベストボード

今月始めてみた速解力チェックとピックアップトレーニングの

「自己ベストボード」。

自己ベストボード

速解力検定と今月のピックアップトレーニングの自己ベストをどんどん書き入れていただいています。

 

昨日の自分を超えるべく(笑)、

皆さん頑張ってくださっています。

 

生徒さん同士、結構刺激になるみたいですが、

我々インストラクターにも大いに刺激になっています?

 

まずいなぁ、なかなか1000点超えない…?

 

11月のピックアップトレーニングは「同系選択(EASY)」で、

今のところ、まさひろさんが出した1272点がトップ!

(上の画像はまだ記録更新前でしたね?)

昨日、ちょこっと「コツ」を伝授したところ、すぐに結果に出してくれました!

 

速解力チェックの方は、ふみかさんの1365点!

お仕事でもたくさん読んでるので、相乗効果ですね。

 

 

第2回英多読IBTの結果が届きました!

先月、第2回目の「英多読IBT」が行われ、当センターからも

インストラクター含めた4人が受験しました。

 

こちら、わかりやすく言うと、英語版の速読検定試験です。

英語をいかに素早く、正しく読んで、設問に正しく答えられるか

という検定試験。

 

英文の難易度で3つのレベルに分けられ、

レベル1が中学校英語初歩レベル、レベル2が高校入試レベル、

レベル3が大学入試のレベルとなっています。

 

さて、当センターの受検者4人のうち、実は1人は私センター長でした。

前回も受験し、ちょっとばっかし悔しい思いをしたので、

そのリベンジを狙って、レベル3で連続受検。

 

その結果は…

 

レベル3受験者が、前回の176名から今回327名とほぼ倍増した中、

1分183語の読解速度(読んで正しく設問に答えられる速度)で

前回の7位から、今回は何と1位を獲得!

 

まだまだ受験者数は多くないし、大半は英語を勉強中の生徒さん達ですから

まぁ、当然と言えば当然なのですが、

それでも「早く正しく英文を読む」のに特化した試験で、

1番ってのは気分悪くないっす♪(笑)

英多読IBT結果img_20161109_141118

 

ドラマでも速読

私はテレビが大好きです(笑)


何を突然!?って感じでしょうが、

忙しくてもドラマとかを見てしまいます。

中学や高校の時も、定期テストの勉強は、

ほぼほぼテレビつけながら

やっていたのを覚えています。

 

でもって、「テレビ見ながら勉強しているんじゃなく、

テレビを見る時も勉強しながら見ているんだ!」みたいな

たわごとを言ってました。

 

良い子の皆さんはマネしないでくださいね(笑)


それはそうと、最近見たいドラマが多くなっちゃって、

正直見切れていないのですが、気になっているドラマの1つが

剛力彩芽さん主演の「グ・ラ・メ!~総理の 料理番~」って

テレビ朝日系列で放映のドラマです。

グ・ラ・メ!~総理の料理番~
内容的にどうこうということはさておき、

剛力さん扮する主人公が「お金がないから」と

古本屋さんでは本を速読して暗記していくという場面が

ほぼ毎回出てきます。
「速読できると便利だね!」ってことではないですよ!(笑)

ちゃんと本は買って読みましょうね((´∀`))ケラケラ


本全体を本当に読んでいるにしては

ちょっと早すぎる気がしますが、それはさておき、

こういうメディアに「速読」というキーワードが出てくることは

歓迎したいと思いながら、このドラマ見てます。


そう言えば、メンタリストのDAIGOさんも

1日数十冊ペースで本を読む速読家と言っていたような…