「速読」にそもそも必要なのはこれ!

こんにちは、インストラクターのゆうこです。

最近、というか今年は雨が多くて、

日光をしっかり浴びたいと今更ながらに思っているのですが、

なかなか晴れてくれませんね。

言葉の意味がわからない!

さて、本を読み進める時に、「あ、この言葉の意味はなんだっけ…?」と思いつつも、

日本語は漢字でなんとなく意味が分かった気になったり、

前後の流れなどでたぶんこういう意味だろうなぁ、と

ある程度の予測で読んでいること、ありますよね?

気になった言葉でも、しっかりと意味を調べたりしない人も

多いのではないでしょうか?

 

「速読」のトレーニングでは、文字通り速く読む訓練をするのですが、

よく聞かれるのが「速読をすれば理解度が深まりますか?」という質問です。

これには、残念ながらノーと答えています。

(速読のトレーニングを幅広く考えるならば、イエスと言ってもいいのですが、

ここでは狭義での速読という立場で。)

ゆっくり読んで理解できない文章を、速読が理解させてくれるかというと、

そうではないからです。あくまでも、時間を使えば理解できるという文章を

素早く読解するための訓練が速読です。

 

では、文章の理解度を上げるにはどうしたらいいのか?

 

それは、「国語力」(言語運用能力)を上げること。

すなわち、単語熟語などの知識(語彙)を強化したり、

言葉をいかにつないで言わんとするメッセージを表現するか(文法)を

学んだりすることです。

 

国語力アップの1つ、語彙の強化にお薦めのメニューが

これまでの速読プログラムに加えられました。

それが「教科トレーニング」というメニュー!

 

内容的には小学生~中学受験程度なのですが、

やってみると意外に難しい…!><

出てくる問題は「慣用句」「四字熟語」などなど、

私も実際にやってみましたけど、こんな言葉初めて聞いたなぁ、

というものもありました。(うわっ、恥ずかしい💦)

 

問題例:クリックすると拡大表示されます↓

言語運用能力

どれが正解かわかりますか?

更に、この教科トレーニングには社会と理科もあります。

一見、全く関係なさそうな教科ですが、

読んでいる文章の時代背景やモノの仕組みを知っておくと

文章の理解がスムーズになり、その分読む速度もあがるんです。

本を一冊読むにも「全く何も知らない状態で読む」のと

「知識がある状態で読む」のでは理解度は結構違うんですよ~。

 

本を読んで、色々な事を知れば知るほど見解が広がります。

それが速く読む力にもなり、読む量を増やすことにつながります。

 

「強化トレーニング」、是非、教室で試してみてください♪