2.こども速読 (7)

A.個人差こそあれ、身につく方は多いです。

個人差はもちろんありますが、リラックスして文章を読むトレーニングを重ねることで、活字への抵抗感が下がります。読む速度を他の受講生と比べるのではなく、あくまでも現在の自分と比較される意識であれば、読む速度は通常上がっていきます。

A.お子さんの進度によって異なります。

論理的思考トレーニングの問題集等を実費で購入いただいていますが、1つの教材が終われば次の教材を購入いただく形なので、お子さんの進度によって変わります。それぞれの教材は800円~1,700円程度です。

A. できます。

入会金やコース料金の権利を維持しながら、月単位で休学することが可能です。月300円~500円の手数料をいただきますが、休学中の受講料の引落は停止されます。休学の期間や回数の制限はありません。なお、手続きのスケジュールについては、教室のスタッフにお尋ねください。

A. 受講料は銀行口座からの自動引落でいただきます。

月々の受講料のお支払いは、ご指定いただいた銀行口座からの自動引落となります。初回に必要となる費用(入会金・コース料金・引落開始前の受講料等)および教材費等を除き、教室でのお支払いはできません。

A. あります。

年に2回実施される「速解力検定」で、10級から5段までの資格認定があり、進学や就職の際、履歴書に記入できます。詳細はこちら

A. 月に4回の受講が原則です。

月4回コースは、月に4回の受講が原則です。月に5週ある場合は、1週分休講となるか、もしくは夏季休業等で月4回とならない月の振替とさせていただいております。

A. 可能性はあります。

英単語力・英文法力といった英語の読解力が十分にあるのであれば、日本語での速読トレーニングで英文を速く読むことも可能です。ただし、それに必要な英語の語彙力・文法力・背景知識の量はかなり高くなります。これは、日本語の専門書などでも同様です。そこまでの英語力が無かったり、英文の速読が主たる目的である場合は、英文の速読プログラムでの受講をおすすめします。

Load More